原発のない社会をめざして ジャーナリストの目 青木理氏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーナリストの目 青木理氏

国や電力会社からたっぷりとお金をもらい、「原発推進サイド」に都合の良いことしか言わない…いわゆる「御用学者」と呼ばれるような人達ばかりがメディアに登場し、今後も何とか原発を続けさせようと躍起になっています。
そのような状況の中で、フリージャーナリストの青木理氏は…歯に衣着せない発言で、そのような「御用学者」達を切り捨てていて注目です。
以下は…(少し古いですが)同氏のコラム「ジャーナリストの目」(週刊現代4月16日)より転載です。







御用学者、御用記者、御用文化人といった輩は、どんな分野にもいる。ただ、福島第一原発の事故をめぐる彼ら、彼女らの言動は、常軌を逸したものが多すぎる。
「最悪を想定しても、外部に多量の放射性物質が出るとは考えられません」
「住民の避難域?10㎞で十分」
「原発は多重の安全対策が施されています。一時的には放射性物質が飛散しても、住民はすぐに戻れるでしょう」


以上は、いずれも政府の原子力安全委員などを務めた東大、阪大教授らが3月12日から15日にかけて発した言説だ。すべては後に覆されたが、事態が深刻化すると今度は開き直る輩が現れた。政府系の研究所幹部を務めた学者はテレビの討論番組で
「(今回の事故は)いい教訓です。これから安全性を高めればいい」
と言い放ち、原発CMで「安全性」を強調していた女性経済評論家はこうまくしたてている。
「そもそも放射性物質が、実際よりかなり怖いと思われていることに問題があるんですよ」
「今回の原子力の問題、死者が出ましたか?津波の死者と比べて、報道のされ具合と死者数のバランスが悪いと思います」


この愚劣な言動の裏にあるのは保身なのか、それとも単に恥知らずなだけなのか。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

hasutamaさん。コメントをありがとうございます。
海江田さんよりはいくらかマシかもしれませんが、野田さんも「使える原発は動かす」的な発言をしているので、今後が心配ですよね。

「素晴らしく頼もしい記事の数々に励まされます」
いえいえ、こちらこそ…応援のメッセージに励まされて、がんばろうという気力が湧いてくるのです。
ありがとうございます。
またのメッセージをお待ちしています。

No title

はじめまして(^^
愛希穂さんのブログのリンクからお邪魔しました
素晴らしく頼もしい記事の数々に励まされます
私も原発大反対です
野田氏になっても負けないノダシ!
さっそくリンクさせていただきます

Re: No title

愛希穂さん。コメントをありがとうございます。
多くの評論家の方々の御説を聞いていますと、将棋かなにかの戦局を語るかのように…原発の危険性と日本の経済を同列に比べているように感じますね。

Kさんは、特にそのような傾向が強いですよね。彼女には子どもや守るべき人はいないのでしょうかね?
「プルトニウムが怖いと思われていることが問題」???
まさに厚顔無恥という言葉がふさわしい台詞です。
すいません。少し感情をあらわにしてしまいました(笑)。

No title

原発事故に関して、女性経済評論家、Kさんですよね、あの発言には耳を疑いました。普通じゃないなって、私は思ってしまいました。

原発事故の後に、彼女のブログで東大教授の方が書かれた原発事故に関するQ&Aのまとめを紹介されているのですが、そういうのを見ていると、何も知らないというよりは、何も考えていない、そんな印象を受けました。
彼女のような方が注目を浴びる日本のこの現状(今はどうなのか知りませんが)、ちょっと虚しくなってしまいます。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。