原発のない社会をめざして 脱原発、東京で6万人集会 作家・大江さんら署名訴え

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱原発、東京で6万人集会 作家・大江さんら署名訴え

さようなら原発1000万人アクション去る9月19日に東京の明治公園において、原発事故後最大規模となる「脱原発」の集会が開かれました。
私は、残念ながら行くことができなかったのですが、このブログでもリンクをさせて頂いている「彼岸花さん」が参加されて、詳細なリポートを書いていらっしゃいます。ぜひご一読ください。

「9・19さようなら原発5万人集会」

それにしても…この写真一枚を見てもわかりますように、とんでもない「人」、「人」、「人」です。
集会の前の数日間、注意深く報道を見つめていたのですが、ノーベル賞受賞作家の大江健三郎氏をはじめ…瀬戸内寂聴氏や坂本龍一氏など、名だたる著名人が発起人となっているにも関わらず、マスコミはほとんどこの運動を積極的には取り上げませんでした。

それでも、ネットや口コミでこの集会を知った人達がこんなにたくさん集まって、「原発からの撤退」を訴えたのです。これは非常に大きな流れだと思います。




【脱原発、東京で6万人集会 作家・大江さんら署名訴え】
中国新聞9月20日

福島第1原発の事故を受け、作家の大江健三郎さんら著名な文化人9人が呼び掛けた「さようなら原発集会」が19日、東京都新宿区の明治公園で開かれた。福島県の住民を含む約6万人(主催者発表)が参加。都心で「脱原発」の声を響かせ、市民に行動を呼び掛けた。

既存の原発の計画的廃止と新たな原発建設計画の中止、自然エネルギーへの政策転換を目標に掲げ、呼び掛け人の事務局を務める原水禁国民会議などの実行委員会が主催した。主催者によると、事故後の「脱原発」集会では最大規模という。

集会で、大江さんは「原子力エネルギーは必ず荒廃と犠牲を伴う」と指摘。原発の存続へ危機感を表し、「私たちはそれに抵抗する意思を持っている」として、集会やデモを通じて政財界に脱原発を迫るよう求めた。ほかにルポライターの鎌田慧さんら呼び掛け人4人も発言した。

また、福島県三春町で脱原発に取り組む市民団体の武藤類子さん(58)が、県内や避難先からバス十数台で駆け付けた地元住民を代表して登壇。放射能汚染におびえる日々の心情を踏まえ「原発はもういらない。私たちとつながり、助けて」と訴えた。俳優の山本太郎さんも「原発反対」と声を張り上げた。

参加者はその後、3ルートに分かれ約2~4キロを行進。表参道などを通り、買い物客や通行人に「さようなら原発」と呼び掛けた。大江さんらは同趣旨の「1千万人署名」にも取り組んでおり来年3月に政府と国会に提出する。(岡田浩平)

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

彼岸花さんへ

いやいや…報道で見る以上の盛り上がりだったんですねえ!
素晴らしい記事をありがとうございます。
暑い中、本当にご苦労様でした。
残念ながら、私は集会には参加できませんでしたが、おかげさまで詳しい様子を知ることができました。

マスコミがほとんど報じないにもかかわらず…三連休の最後の休日に遊びにいくのも我慢して、あれだけの人数が集会やデモに参加したのですから、これは本当にすごいことですよ。
これからますます「脱原発」は大きなうねりになってくるでしょうね。
あいかわらず、マスコミはダメダメでしたけどね!

一日も早く、完全な脱原発を実現したいですね。
ドイツやイタリアのように、日本が正式に原発からの撤退を表明した暁には、今度は「抗議集会」で集まるのではなく、数十万人規模の「祝賀パーティー」でもやりたいものですね。
そのようなことを夢見ながら…私もますます頑張って、自分のできることをコツコツと続けていきたいと思います。合掌

No title

うみそら居士さん。拙記事をご紹介くださり、ありがとうございます。
ほんとにあきれるくらい扱いが小さいですね。
ただ、東京新聞は、一面囲み記事を。それから、26,27ページに特集
取材記事を、それから29ページにも大きな記事を載せていました。
このくらい大きな扱いでいいと思うんですけれど。
それは何も、デモ自体をどうのこうの言うんじゃない。
これだけ多くのひとが集まったその理由…
今回の原子力発電事故のその大きさ、その重大さに、ちゃんと目を向けて
報道してほしい、ただそれだけなんです。
事故の記憶を国民の意識から一日も早く葬り消し去りたい…そう思っているとしか
思えないような、申し合わせでもしたかのような、小さな扱いでしたね。

中国新聞は、それでもこうして航空写真を載せているから偉い。
東京朝日、などは地元でありながら、空からの写真でなく、
あるいている参加者を小さく切り取った写真でした。
まるで、一町会のお祭り規模ででもあるかのような。

これはもう、日本のマスコミはあてにせず、世界に向けて
訴えていくしかない、とまで思えてきますね。それから何より大事なのは、
やはり口コミで、原発いらない、の輪を広げていくことでしょうね…。

それが一番効果的だけれど、また難しい、という気がします。


プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。