原発のない社会をめざして 福島第1原発:連合が「脱原発」にかじ…古賀会長表明へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第1原発:連合が「脱原発」にかじ…古賀会長表明へ

古賀伸明民主党の連合労働組合が、「原発推進」から「脱原発」への方針転換を表明しました。
会長の古賀伸明氏は…
「原子力エネルギーに依存しない社会を目指していく」
「ひとたび事故が起これば、甚大な被害をもたらす可能性があることを現実のものとして知った」
と述べています。

もっとも、「短期的には使える原発は再稼働する」等の旨も語っており、まだ手放しで喜べる状況ではありませんが、とりあえず「一歩前進」というところで、この流れは評価したいと思います。



【福島第1原発:連合が「脱原発」にかじ…古賀会長表明へ】
毎日新聞 2011年10月3日

連合は東京電力福島第1原発事故を受けて、原発の新・増設推進をうたっていた従来のエネルギー政策から転換、将来的に原子力に依存しない社会を目指して政策見直しを進める方針を固めた。4日から東京都内で開く定期大会冒頭で、古賀伸明会長が表明する。

連合傘下には原発推進を唱える電力関係の労組がある一方で、脱原発を掲げる労組もあり、組織内の調整に苦慮してきたが、事故がもたらした被害の大きさなどを考慮し「脱原発」に大きくかじを切った。野田佳彦首相は脱原発依存の方針を表明しているが、民主党内ではエネルギー政策で意見のばらつきもある。民主党最大の支持母体が方針転換したことは今後の政権運営にも影響を与えそうだ。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

愛希穂さんへ

愛希穂さん。コメントをありがとうございます。
民主党も、あいかわらずですね~。

そもそも…前原氏は、「原子力の平和的利用における協力のための大韓民国政府と日本政府との間の協定」に署名した人ですよね。
最近は、「脱原発依存」などと言っているみたいですが、あまり信用できそうにありませんね。

大畠氏については、ネットで調べてみたらあるサイトに…
「実はこの大畠章宏議員が民主党における原発推進の中心人物のひとりであり、結果的に民主党のエネルギー政策を不明確なものにしていると言える」
とありました。愛希穂さんのおっしゃるとおりですね。

古賀氏の発言に対して藤村官房長官は「国民各層のお声の一つとして今後検討していく」と突き放した
これもすごいですよね。自分の党の最大支持勢力の発言を、こうも簡単に無視するんですねえ!
それだけ原発はうま味が大きいということなのでしょうか?

貴重な情報をありがとうございます。

No title

このニュースを読んだときは、ホッとしたのですが、今日の朝日新聞にこんな記事がありました。

 前原が原発定期検査後の再稼働やエネルギー政策を議論する党のプロジェクトチームの座長に、党内きっての原発推進派の大畠元経産相を起用。
 また、この古賀氏の発言に対して藤村官房長官は「国民各層のお声の一つとして今後検討していく」と突き放したと書かれていました。

首相が官僚のいいなりでしか動けないようなので、脱原発の流れがどこまで進むのか先行きが不安になることもありますが、でも、あきらめずに脱原発の声をあげ続けていきたいですね。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。