原発のない社会をめざして 福島第1原発:同じ仕事、異なる手当…休憩所、管理区域外

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第1原発:同じ仕事、異なる手当…休憩所、管理区域外

福島第1原発の西門外側にある作業員用シェルターの内部危険も顧みず、何とか原発の事故を収めようとして下さっている作業員の方達は、いわば「英雄」ともいうべき存在です。
しかし、そのような方達のことを…電力会社は一体どのように思っているのでしょうか?

法令で定める管理区域設定基準より高い線量を計測している地域で働いているにも関わらず、危険手当すらもらっていない人達がいるというのです!
以下は…毎日新聞 2011年10月31日より転載です。



【福島第1原発:同じ仕事、異なる手当…休憩所、管理区域外】

東京電力福島第1原発事故の収束作業に従事する作業員のシェルターが放射線管理区域に設定されず、そこで働く作業員に危険手当が支払われていないことが明らかになった。シェルターは原発の敷地のすぐ外にあるが、敷地北端より原子炉に近く、法令で定める管理区域設定基準より高い線量を計測している。「高線量の下で同じ作業に従事しているのに、扱いが違うのは到底納得できない」。敷地の「内と外」で機械的に線引きする理不尽さに、作業員は不満をあらわにした。【袴田貴行】

5月から同原発で働く下請け会社の男性作業員は10月中旬、所属会社から初めて危険手当を受け取った。持ち場のシェルターでの勤務は手当の対象外で、振り込まれた危険手当は原発構内での業務が認定された2日分の4万円のみ。一方、構内の作業拠点となる免震重要棟が持ち場の同僚は、20日分の40万円を受け取った。

シェルターは場所によっては高線量で、1日の作業で約80マイクロシーベルト被ばくする。これまで全国の原発を転々とし、自宅へ帰るのは年1、2回。妻から「体は大丈夫?」と毎日電話がかかってくる。

「(危険手当の)対象は原発の(敷地)境界から内側での業務のみ」。9月中旬、所属会社から届いた通知書を見て、初めてそのことを知り、驚いた。原発の敷地からわずかに外へ出ただけのシェルターの汚染度は構内の免震重要棟とあまり変わらず、業務内容は同じ。「構内業務従事実績表」に押印を求められ、泣く泣く押すしかなかった。

シェルターで働く同僚の中には、所用がないのに免震重要棟の朝礼に参加したり、まだ満タンに近いのにわざわざ原発構内に車のガソリンを入れに行く人もいる。「構内で業務した」との実績を作るためだ。男性は「線引きのために職場の士気が下がり、仲間同士で疑心暗鬼も生まれている。不公平をなくし、安心して仕事に集中できる環境を作ってほしい」と訴える。

だが、管理区域設定の有無に基づく危険手当の線引きは、下請け会社による支給に厳格に反映されている。放射線管理業務を請け負う「東芝電力放射線テクノサービス」(横浜市)も敷地内での業務のみを危険手当の支給対象とする。同社の担当者は「支給には分かりやすい区分が必要なので、元請けである親会社(東芝)のルールに従って基準を設定した」と説明している。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

彼岸花さんへ

彼岸花さん。コメントをありがとうございます。
そうですね。文字通り「決死の覚悟」で作業してくださっている作業員の方達のことを、一体どのように考えているんですかね。

大体、原発は最先端のテクノロジーとかいいますけど、通常の時でも下請け労働者の方達が被曝覚悟で人海戦術で作業しなければ動かないんですから、なんとも…お粗末なもんですよね。

ところで彼岸花さんは、堀江邦夫さんという人の本を読んだことがありますか?
昔は「原発ジプシー」という題名で出ていた本で、私はそれを持っているのですが、最近復刊されて「原発労働記」と改題されている本です。
著者はジャーナリストの身分を隠して「原発労働者」として各地の原発に潜入、労働者の過酷な環境と、原発のずさんな管理状況をルポした秀作のドキュメンタリーです。

もうご存知かもしれませんが、原発労働者のことをお書きになられる時には参考になるのではないかと思い、いちおうご紹介させていただきます。
ありがとうございました。合掌

No title

これ、わたしも読んで、ほんとに腹が立ちました。
人間をなんと思ってるんだろ!
私ね、3月11日に事故が起きたとき、収束作業するひとが
誰か残ってくれるものなのだろうか!と、まず恐れたんですよ。
さすがに東電の現場責任者と数人は残るだろうけれど、
その他の社員などは逃げるのではないかと。
そしたら、国は自衛隊にでも頼んで決死の作業を
やってもらうしかないのかな、と。そんなことが可能なのだろうか、と。
ところが、残って働いてくれる方々がおいでになるんですね。
お金のためとか、これまでのしがらみがあるからとか、純粋に
責任感からとか、いろいろあるだろう。
それでも交代で東電、関連会社、下受け、孫請け…千人単位の人々が…!

この人々にいい待遇を与えて差し上げないでなんとするのでしょうか!
単純な線引のうちそとで、そのように待遇が違うとは!
また、昔からいる作業員と新しく狩り集められてきた作業員とでも
給与が違うようですね。

原発労働者のことも書こう書こうと思いつつ、まだ書けないでいます。・・・
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。