原発のない社会をめざして 国会原発事故調が現地初視察、収束宣言「納得いかない」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国会原発事故調が現地初視察、収束宣言「納得いかない」

福島第一原発野田総理の「原発事故収束宣言」に対して、国会の事故調査委員会からクレームがつきました。
この委員会は、石橋克彦氏や田中三彦氏も名を連ね、なかなか期待できそうな感じです。

しっかりとチェックをして、きちんと国や東電の責任を追及してもらいたいものです。以下は…asahi.comより転載です。




【国会原発事故調が現地初視察、収束宣言「納得いかない」】
12月18日 asahi.com

東京電力福島第一原発事故の原因を検証する国会の事故調査委員会は18日、発足後初めて現地を視察した。委員長の黒川清・元日本学術会議会長は福島市で記者会見し、野田佳彦首相が事故収束を宣言したことについて、「納得がいかない」と不快感を示した。

委員10人全員が視察に参加。水素爆発で壊れた福島第一原発の原子炉建屋や汚染水処理施設などを見た。黒川氏は、首相の収束宣言について、「正当化できることがあるのか。第一歩という話ならいいが、(首相の)言いぶりが国民の受け取り方とギャップがある」と指摘した。

委員会は19日、初めての審議を福島市で行い、今後の調査の進め方について話し合うほか、計画的避難区域の福島県川俣町で行う除染作業を視察する。半年後をめどに結論を出すため、政府の事故調査・検証委員会(委員長=畑村洋太郎・東大名誉教授)の資料などを活用するほか、菅直人前首相ら事故発生当時の政権幹部の招致を検討している。

委員会は、調査をサポートする事務局員については、民間のスタッフを登用し、資料請求や聞き取り調査に参加させる予定だ。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。