原発のない社会をめざして 脱原発世界会議 宮台真司氏のスピーチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱原発世界会議 宮台真司氏のスピーチ

1月15日に横浜で開催された「脱原発世界会議」で、社会学者(社会システム論)の宮台真司氏のスピーチが、Youtubeにアップされていました。とても良い内容なので…全文書き起こしてご紹介させていただこうと思います。



僕はここでですね、「原発をやめること」にあわせて、「原発をやめられない社会をやめることを提案したいと思います。何故ならば、その原発をやめられない理由は、原発が技術的に合理的だからではありません。原発をやめられない理由は、巨大電力会社の地域独占供給体制を維持するためです。

具体的に言うとこういう事になります。日本の政治は今、大変に問題を抱えていますね。日本はですね、どこの先進国よりも最も少ない公務員の割合です。どこの先進国よりも最も低い福祉予算の割合です。ま、アメリカと並ぶぐらいですね。そして、どこの先進国よりも、最も政府の債務、借金。GDP比でいうと、これが最も高いんですね。

それは何故かというと、未だに補助金行政をやっているからです。補助金行政とは何かというと、特別措置法を作り、特別会計を確保し、金をばらまくために特殊法人を作って大量の天下りの座席を確保し、そしてこれを業界にばら撒くんですね。で、業界はまるで餌をねだる金魚のように口をあけて補助金を待っている。

これは金の切れ目が縁の切れ目ですので、縁が切れると天下り先も無くなりますから、役人たちは特別措置法の延長、延長、延長。その結果、特別会計は国会の審議を経ないで固定された予算になってしまっているんですね。

で、実は原子力もそうした流れの中にあるわけです。つまり、自分たちが、私達が、原子力発電をやめられない理由は、日本の政治が病的な状態にある理由と殆ど同じだというふうに断言して差し支えありません。

脱原発、自然エネルギー化はですね、これは「エネルギーの共同体自治」の問題です。それはちょうど、スローフードが「食の共同体自治」の問題であるのと同じです。ところが日本では残念ながら、スローフードというとオーガニックな物を食べる事やトレーサブルな物を食べることという具合に食材選択の問題に切り縮められてしまっています。

放っておくと日本における脱原発も、スローフードと同じように単なる電源選択の問題に切り縮められてしまいかねません。簡単に言えば、「巨大電力会社さんよ、原子力はもうやめて集中太陽発電にして下さいね」とか、そういう話ですね。

しかしこれでは残念ながら、自然エネルギー化するべき、本質的な理由、あるいはヨーロッパの国々が自然エネルギー化を通じて、達成させようとしている社会の仕組み、そうしたものに、我々は永久に到達できないまま、オーガニックな物を食べるために巨大スーパーに依存し、自然エネルギーを使うために巨大電力会社に依存し続けることになります。

この依存体質が変わらない限り、今度は原発事故という形を取るかどうかは分かりませんが、やはりまた、同じような大災害を、我々はまた経験する事になるでしょう。

なので、脱原発・自然エネルギー化の問題は、私達が巨大システムにお任せするのをやめて、自分たちで自分たちをステアリング出来るような自治の社会を実現することと、表裏一体であるという事をですね、お話ししたいと思いました。以上です。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

mmiyakawaさんへ

mmiakawaさん。コメントをありがとうございます。
また…興味深い動画をご紹介くださり感謝です。

福島の惨事を見て、ドイツやイタリアは早々と脱原発を決めたのに、
当事者の日本は…まだ懲りずに再稼働を狙う。
それでも、多くの人達は相変わらずの無関心!!!
私も、このような愚かさを見て、日本には絶望しかけているところです。

ただ、反面…mmiyakawaさんをはじめとして、意識ある人々が立ち上がり、
緑と未来の子ども達を守るためのアクションを起こしていく姿も見て、
そこに一縷の望みを見出しているのも事実です。

私も、ますます張り切って、諦めずに自分のできることをして、
原発の愚かさを訴え続けていこうと思います。
ありがとうございました。合掌

No title

返信ありがとうございます。

我が子を傷つけ己を損なっても愚かさを変えない、
「普通」じゃない状態は311前もそうでした、この国では。

実際に高濃度の放射能が飛び交い、
高い線量の被曝を受ける危機に直面し、
科学的な事実を突きつけられても、
頑迷な「茹で蛙」「砂の中に頭を埋めた駝鳥」のままでいようとする国民の多さには本当に呆れるし、
この国の「常識」に強い拒否感を抱きます。

「自分さえ良ければ教」「カネカネ教」、
奴隷カルト信者に成り下がっていることに気づき、
改める者が増えなければマシになることはありません。

今井一や宮台真司らが呼びかけている国民投票条例制定の動きは、
これまでのお任せ民主主義から脱却する、
ひとりひとりが意思を持ち行動する「普通」の民主主義へ向かう可能性を感じます。

自治体へ必要な請求人の数を問い合わせ、
市民運動メーリングリストに呼びかけ、
地元でもやってみようかと動き始めております。
http://www.youtube.com/watch?v=nrGRd0no8iM&list=UUek9hwJHFKeQ8RqcnoftPpA&index=2&feature=plcp

mmiyakawaさんへ

mmiyakawaさん。再度のコメントをありがとうございます。
普通に考えれば、小さな子どもを持つお母さんなどが
最も過敏に考えていると思いきや…不思議ですよね。

そのことに関しては、ブログで交流をさせていただいている
彼岸花さんという方も書いておられましたので、よろしかったら
ぜひ一度ご覧になってみてください。

http://clusteramaryllis45.blog61.fc2.com/blog-entry-750.html

mmiyakawaさんの
「圧倒的な狂気の中でも狂いに染まり流される事無く正気でいたいし、
311まで騙された者としての道義的責任を果たし続けようと強く思います」
というご意見にも全面的に同意いたします。

やはり、誰かに責任を押し付けるやり方では、この問題は決して解決せず、
ライフスタイルのことまで含めて…我々一人ひとりが自分の責任として考えなければならないことだと、そのように私も考えています。

私も、自分のできることをコツコツと諦めずにやっていくつもりです。
また、貴重なご意見を寄せていただければ嬉しいです。
ありがとうございました。合掌

No title

うみそら居士さん

返信ありがとうございます。

保育園の園長や小さい子供がいる母親に直接会って説明したこともあるのですが、
驚くほど頑迷で洗脳底なしを感じました。

地元で小出さん講演会の運営のお手伝いもさせていただきました。
311前から反原子力の活動を続けている人と話していて、
一般の人よりも意識が高いはずの彼らですら「廃炉は段階的に」や「すぐに再稼働していないのは市民の力だ」などと話すのを見ていると、本当に絶望的な状況であることを実感します。

だが逆境著しいものの、反原子力には人間としての明確な大義を感じます。

圧倒的な狂気の中でも狂いに染まり流される事無く正気でいたいし、
311まで騙された者としての道義的責任を果たし続けようと強く思います。

これだけの破局が起きて状況は今此の時も悪くなっているにも拘らず、
1年足らずの今、
「原発安全神話」に洗脳されていた時か、それ以上に戻されてしまっているこの有様を省みると、
生きている間に状況が変わると考える合理的理由が見つかりませんが、
負け戦上等、の闘いを続けます。

mmiyakawaさんへ

mmiyakawaさん。コメントをありがとうございます。
本当に…おっしゃる通りだと思います。

私も、機会あるごとに原発の危険性や放射能の怖さを話すようにしてるのですが、
いまだに意識が低い人が多いことを悲しく思っています。

あまりにも大きすぎる問題に、正面から目を向けるのが怖くて…無意識的に逃避をしているのか?
それとも、何一つ批判の精神が持てないほど飼い慣らされてしまっているのか?

何としても、こういう状況を変えていかなくてはなりませんね。
そういう意味でも、この国民投票が良いきっかけになってほしいと思います。
ありがとうございました。合掌

No title

こんにちは。

条例制定、国民投票は民度を上げる土台づくり。

この期に及んでも狂気に抗い、
転換するための歩みを否定し、
「おまかせ民主主義」のままでいたい殆どの有権者納税者。
その犠牲にさせられ、罪も責任もないにも拘らずに超高濃度被曝を強制させられている子どもたち。

既にこの国は全て被曝ゲットー。
いずれまた、4度目の「原爆」が炸裂するだろう。
次の破局は原爆とは違うものかもしれない。

子どもたち、
「未来」を生きる彼らは、
被爆線量が高い低いに拘泥するのではなく、
西日本ではなく、
この国の外へ逃がすべきなのだろう。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。