原発のない社会をめざして 原発問題のすべてを小出さんに聞く②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発問題のすべてを小出さんに聞く②

前回の続きです。



電気代ということで言うなら、これまで通産省とか経済産業省が「原子力発電の電気が安い」という宣伝を流してきたのですね。でもそれは、単なる彼らの都合の良い仮定に仮定を積み重ねた結果出てきた数字なのであって、立命館大の大島堅一さんという方が、実際の電力会社の経営データで計算をする方が良いということで、有価証券報告書を使って計算し直した結果、原子力発電が一番高かった。ですから元々電子力発電が高いのであって、火力発電に転換すれば…むしろ安くなる。その上今度のような事故を招いてしまったわけですから、原子力発電が安いなんて論理はもう一切崩壊してしまっている。

原子力というのは願望に基づいて進められてきた。(中略)起きないでくれよという願望に基いてここまできてしまった。しかし残念ながら願望で安全は守れない。それで事実がこうなっているわけですし、この事実を前にしてなおかつ教訓を得ないのであれば、本当に悲惨な国だなと…

私たちが原子力というものをやってしまうと、核分裂生成物という放射能をどうしても作ってしまう。それは生き物に対して圧倒的に危険だということが分かっている。それを作り出さなければできないというもので、事故になってそれが噴き出してしまえば、今みたいな悲劇になる。でも仮に事故が起きなくても、その核分裂生成物は消えない。10万年とかにわたって毒物であり続けるというものを産みだしている。(中略)

人類がもう滅亡するかもしれないくらいの長い期間にわたって、毒性が消えない毒物を子孫に押し付けなければならないという選択を私達はしている。たかが電気のためにこんなことをするのかと私は思います。

世界的に、みんな原子力から利潤を得ようとして、巨大な産業が群がったという歴史があったわけですし、原子力というのは実は核なんですね。ですから原子力をやるということは核兵器を作る能力を得たいということが基礎にあるわけですから、世界中の国々が核兵器を持つ潜在的な力をとにかく持ちたいということで、原子力に踏み込んできたという歴史ももちろんあるわけです。ですから簡単には抜けられないと私は思います。

私は、たぶんかなり悲観論者だと思うのですが、40年間私は「原子力は即刻止めてほしい」と言いながら、止めさせることができずにここまで来ている。その中では運動だって盛り上がった時もありますけど、それでも私から見るとずっと負け続けてきたし、原子力を止められないままここまで来てしまった歴史だったのです。3月11日以降…少し明るさが見えてきたと思わないわけではありませんけど、今国のほうはまた猛烈な巻き返しをはじめている。(中略)今すべて止めなければいけないのに、国のほうは「40年たつまでは動かしていいんだよ」というそういう宣言をした。

この問題は、一人一人が自分の問題として考えるということをやらなければ乗り越えられないと思っていますので、全ての国民に向き合って欲しいのです。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

mmiyakawaさんへ

mmiyakawaさん。コメントをありがとうございます。
ご紹介いただいた記事も読ませていただきました。
ありがとうございました。合掌

No title


「敵」はひとりひとりの内面にいる。
犯人探しは解決に繋がらない。
マシにすらならない。

「根本を見直す」為に必要なのは、生き方を変えること。

「ひとりひとり」が価値観を転換すること、生活習慣を改めること。

****

関西電力は細野原発相の「原発必要」を材料に続伸
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0305&f=business_0305_188.shtml

狂いは増し、「
船」は滅びへとさらに加速しているのに、
「無関心、強欲、怖れ」に囚われたまま盲従する民。

関係ないと無視しても、
「砂に頭を埋めた駝鳥」でいても、
被曝している。
大量虐殺に加担させられている。

自らの問題であることを自覚する者が増えるべく、
少人数セッションと啓蒙活動を続ける。

mmiyakawaさんへ

mmiyakawaさん。コメントをありがとうございます。

そうですね。これだけの事故が起きても他人事。
安全よりも目先のカネの心配しかできないようでは、
次の破局に到るのは必然だと…私も思います。

今こそ、人間の暮らし方を根本から見直す時。
敵は強大ですが決して諦めず、
私も、頑張って訴え続けようと思っています。

ありがとうございました。合掌

No title

こんにちは。

原子力は「驕り」を具現化しているが、
無知と愚かさを象徴している不条理の塊。

この放送の中で小出さんは自らを「悲観論者」であると例え、
今後について話されていた。

これだけの破局が厳然としてありながら奇貨とせず、
いまだに原子力発電所が稼働していることに諦観し、
再稼働させようとする「国の猛烈な巻き返し」の動きにすら白けたまま他人事、
他人任せでいようとしている。
そのひとりひとりが向き合わず自らの思い込みを変えず動かないことが、
「これだけのことが起きても」狂乱が続く理由。

「除染」はありえない、を疑いなく理解している者は何人居るか。
http://www.youtube.com/watch?v=Z1Hc7eRbyAM&list=UUyGnzLqERNQPVq20FzaIU6Q&index=8&feature=plcp

日本というものを船に例えれば、
船は4度目の原爆に向かって進み続けている。

広島長崎そして3度目の「原爆」福島も教訓にできないのだから、
次の破局へ到るのも必然。

misanさんへ

misanさん。コメントをありがとうございます。

「汚してもきれいにできる技術がない人類は、手を引くべきである」
私も、まったく同感です。

原発は、人類の驕りの象徴的なものだと思います。
私は、この原発の問題を考える時、いつも「バベルの塔」の話を思い出すのです。

人類が塔をつくり神に挑戦しようとしたので、神は塔を崩した。
人類が原発をつくり神に挑戦しようとしたので、神は原発を爆発させた。

お互いに頑張って、一日も早く全ての原発を止めましょう。
ありがとうございました。合掌

No title

こんなに無関心でいいのかと思います
この問題は、本当に重大な問題だと思います。
一人一人が自分の問題として、考えてほしい
 こんなに自然環境を汚して汚しぱーなし
みんなの国土・海・空気・水をきれいにできる
大きな大きな洗濯機・洗浄機・浄水器ほしい
汚してもきれいにできる技術がない人類は
手を引くべきである。
 原発不要。早く方向転換してくれないか
何かできないかと思います。
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。