原発のない社会をめざして 原発政策 40年で廃炉は当然だ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発政策 40年で廃炉は当然だ

40年を越えた老朽化した「原発」を廃炉にする…という話はどうなったのでしょうか?
そもそも…このような話が出ると噂されていた段階から、たとえ法律ができてもどうせ抜け道だらけで、原子力ムラの都合の良いようになってしまうのではないか? との懸念がありましたし、案の定…細野豪志・原発事故担当相がこの発表をした直後には、「よっぽど問題がない限りは60年までは延長を認める」などという話もすかさず出て、相変わらず生煮えの議論をしている印象が強かったのですが…

もうじき、「原子力規制庁」(記事では安全庁になっていますが…)が発足して、おそらくこの議論が再燃することでしょうが、少し古い記事ですが…朝日新聞の社説をご紹介いたします。以下…







【原発政策 40年で廃炉は当然だ】
朝日新聞 1月7日 社説

4月の原子力安全庁(仮称)発足にあわせた、新たな原子力安全規制の大枠が固まった。

あいまいだった原発の寿命は「運転開始後40年」と法律に書き込む。過酷な事故が起きた場合の対策も、事業者の自主的な取り組みとしてしか位置づけられてこなかったのを、きちんと法律で義務づける。

これまでの規制が原発推進と一体化していたことへの反省から、米国の原子力規制委員会などにならい、原子力基本法に基本理念として「放射線の有害な影響から人と環境を守る」ことを明文化する。福島第一原発の事故の教訓を考えれば、いずれも当然の転換である。

原発の寿命について、安全庁の準備室は「原発の新設が難しいから廃炉も先延ばしするといった供給側の事情に配慮するような発想を切り離す」という。その姿勢は評価する。とはいえ、これはほんの第一歩にすぎない。

すでに40年を超えて運転している原発は、東京電力の福島第一1号機以外に、日本原子力発電の敦賀1号機と関西電力の美浜1号機(ともに福井県)の2基ある。関電は7月に40年となる美浜2号機についても、運転延長が可能とする報告書を国に提出している。まずは、これらを例外なく廃炉にすることが試金石となる。

ただ、40年寿命だけでは脱原発は進まない。私たちは老朽化した原発はもちろん、地震や津波の可能性が高い地域にあったり、現実的な避難計画の設定が難しかったりする原発は廃炉にしていくよう求めてきた。

新たな規制では、最新の安全技術や運転開始の段階ではわからなかった活断層の存在などの知見を、すでに動いている原発にも反映することを義務づける「バックフィット」という制度を導入する。これを厳密に適用し、現時点での知見を反映させて、すべての原発の「仕分け」を早く実施すべきだ。

また、金融機関と同様、法令違反などが発覚すれば、業務停止や免許取り消しとなるような罰則規定も必要だろう。問われるのは、描いた絵を本物にする実行力だ。新たに発足する安全庁の独立性や検査・審査能力をどう確保し、育てていくか。

新庁の主力は原子力安全・保安院から移行する職員だ。電力会社や原発メーカーの出身者も少なくない。意識改革を通じて事業者との間に緊張感のある組織にしなければならない。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

misanさんへ

misanさん。コメントをありがとうございます。
本当に安全な原発施設はないと思います。

まず、人間の知恵は完全ではない。
また、設備は必ず老朽化して予想外の事が起こる。
さらには、扱う人間のヒューマンエラーがある。

ということで…今回の事故を受けて、どれだけ地震対策や
津波対策を行ったとしても、原発を動かし続けている限り、
今度は別の原因で…必ず次の重大事故が起こることは確実だと思います。

ですから、まず…原発推進派の政治家は、落選させなければいけませんね。
それから…官僚制度の改革と電力事業の見直し!これも急務でしょう。
そして、私達国民の一人ひとりがもっと賢くなって、
原発にNOを言い続けること!これが最も大事なことだと思います。

ありがとうございました。合掌

No title

本当に安全な原発施設は、あるんでしょうか
そもそも現在存在する施設そのものが、
 過疎、財政難、何もこれといった産業もないところに
飴をあたえて、設置した施設、あとから基準を取り繕い
作った施設、もうそろそろ廃炉、そして安全な処理方法
を本気で考えてもらわないと、この先日本が危ない
 日本のことちゃんと考えてくれる人、政治家は
いないですかね
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。