原発のない社会をめざして 「フクシマ忘れるな」 世界で反原発デモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フクシマ忘れるな」 世界で反原発デモ

悲惨な原発事故から1年。世界で「反原発」の気運が高まってきているようです。



フランスのパリにあるユネスコ本部で開かれたメモリアルコンサート。日本を代表する指揮者の佐渡裕さんと、佐渡さんが指導する「スーパーキッズオーケストラ」が登場した。さらに、ピアニストの辻井伸行さんや、ヨーロッパ中からボランティアで集まった演奏家たちがクラシックの名曲を奏でた。

フランス、ブータンなど各地で追悼の祈りが捧げられた3月11日、もうひとつ、世界を駆け巡ったメッセージがある。

フランス南東部では、およそ6万人が稼働中の原発前で「人間の鎖」を作った。反原発デモとしてはフランス史上最大の規模だという。

「5人の子どもがいるので原子力の健康被害が心配です」(デモ参加者)
「自然にも体にも良くないし、日本みたいに爆発することもあるから・・・」(デモ参加者)

電力の75%を原子力に依存する原発大国・フランス。国民の意識に変化の兆しが見られる中、「原発の是非」は来月行われる大統領選挙の争点にもなっている。

アメリカ・カリフォルニア州のサンオノフレ原発近くで開かれた集会では、日本の被災地から招かれた人が、放射能汚染の不安を抱える現状を報告した。

「この原発は福島とほぼ同じ立地条件にあるので、津波や地震に弱いのではと心配している」(参加者)
「30年以上も前に建てられた施設なので、稼働を続けるのには古すぎます」(参加者)

去年12月、新たな原発候補地に決まった韓国東部の港町・サムチョク市で開かれた集会には、地元住民などおよそ1000人が集まった。韓国政府は、現在21基の原発を2024年までに34基に増やす計画を打ち出しているが、参加者からは「フクシマを忘れたのか」と、政府に対する批判が相次いだ。

「我々はいつ死ぬか分からない人間です。でも子どもたちは良い環境で暮らしてほしい。だから参加しました」(参加した女性)

ほかにも、ドイツやベルギー、さらには香港でも、「フクシマ」を合い言葉にした反原発の機運は1年経った今も衰えていない。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。