原発のない社会をめざして 福島原発:警戒区域内の津波、最大21.1メートルにも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発:警戒区域内の津波、最大21.1メートルにも

警戒区域内の津波なんと…福島原発の近くでは、20メートルを超えるような大津波が観測されていたのだそうです。これも想定外の仕方のないことですか?

そして、こうなると疑問に思うのは…他の原発に対するストレステストで、「再稼働は問題ない」と言われているところは、このような20メートルを超える大津波に対する備えができているということなのでしょうか?

以下は…毎日新聞より転載です。




【福島原発:警戒区域内の津波、最大21.1メートルにも】
毎日新聞 2012年3月18日

東京電力福島第1原発から半径20キロの警戒区域内で、東日本大震災の津波が最大で高さ21.1メートルに達していたことが、東京大の佐藤慎司教授(海岸工学)の研究チームと福島県の現地調査で明らかになった。震災後、太平洋岸各地で研究者らによる津波の痕跡調査が進められていたが、警戒区域は立ち入りが制限されているため、調査の空白地帯となっていた。

チームは2月6、7の両日、被ばく低減用の防護服などを着用し、南相馬市から楢葉町にかけた長さ約40キロの沿岸部28地点で、窓ガラスや屋根の瓦などに残った津波の痕跡を調べた。その結果、第1原発と第2原発に挟まれた富岡町小浜で21.1メートルを記録したほか、双葉町で16.5メートル、浪江町で15.5メートル、南相馬市と大熊町では12.2メートルに達し、計16地点で10メートルを超えた。東電はこれまで双葉町と大熊町にまたがる第1原発に達した津波の高さを14~15メートルと推定していた。

警戒区域を除く福島県沿岸部で津波の高さが10メートルを超えた地点は少なく、第1、第2原発が県内でも高い津波に襲われた地域に立地していたことを改めて示す結果となった。

警戒区域で波が高くなった理由について、佐藤教授は「海岸が丸く海にせり出しているため、波が集まりやすくなった可能性がある」と話している。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【原発のない社会をめざして】

なんと…福島原発の近くでは、20メートルを超えるような大津波が観測されていたのだそうです。これも想定外の仕方のないことですか?そして、こうなると疑問に思うのは…他の原発に対するストレステストで、「再稼働は問題ない」と言われているところは、このような20...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。