原発のない社会をめざして 電力会社 私が選ぶ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電力会社 私が選ぶ

地域独占の電力供給の形を、今こそ変えていかなければなりません。電気を消費者が選んで買える仕組みを作ることこそが、エネルギー政策や電力会社の判断を変える力を秘めているのだと思います。
当然…今まで「原発利権」を貪ってきた人達は、「それではうまくいかない!」と言います。しかし、欧州や米国などではすでにそういう体制ができており、それほど大きな問題が起きているようには見えません。
以下は…朝日新聞より転載です。



【電力会社 私が選ぶ】
朝日新聞 1月29日

■エコ度で料金で 欧州の今

「福島での事故に、がくぜんとした。もう原発の電気はいらない」。ベルリン郊外に住むマンフレート・ホフマンさん(73)夫妻は、「100%再生可能エネルギー」が売りの電力会社「リヒトブリック」と契約している。火力にも原発にも頼らず、ノルウェーの水力発電などから仕入れた電気を買えるからだ。

原発を稼働させている大手「バッテンファル」との契約は打ち切った。以来8カ月、不自由はない。停電もなく電気が届き、メーターも同じものを使い続ける。月12ユーロ(約1200円)ほど電気代が上がったが、「将来世代のために正しいことをしている」。

電力会社の変更は簡単だ。ネット上には電気代を比べるサイトがあり、申し込みもできる。選んだ会社に契約先の顧客番号などを伝えれば解約を代行してくれる。携帯電話を乗り換えるようなものだ。会社員のアンネ・アイヒホルストさん(35)も、パンフレットに付いていた申込書の郵送だけで手続きが済んだ。料金は月3ユーロほど高いが、エコな電気を気持ちよく使う満足を得た。電力会社を選べるがゆえだ。

■小売会社、次々
 
ドイツでの電力小売りの自由化は1998年。各地の発電会社や「電力市場」から電気を仕入れ、家庭などに売る「小売会社」が続々と生まれた。自由化の流れを止めるようなトラブルはなく、暮らしに欠かせぬ電気を見知らぬ会社に託す抵抗感は和らいだ。電気の供給元の選択肢は地域ごとの平均で約150社に及び、連邦ネット庁によると新規事業者と契約する世帯が2010年には15%を超えた。巨大電力会社も無視できない存在になりつつある。

欧州の電力供給は、海に例えられる。張り巡らされた送電線から電気が一つの市場に流れ込むからだ。原発も火力も風力も、色がついていない電気が集まり、企業や家庭に届けられる。独連邦消費者センター連盟のビルギット・ホルフェルトさんは言う。「エコ電気を買う人が増えれば、それだけ海に流れ込むエコ発電が増え、原発の電気は減る」。電気も、消費者の意をくんでつくる商品にほかならない。

欧州では90年に英国で自由化が始まった。英仏の海底ケーブルがあるとはいえ日本と同じ島国から、経済統合を進めて競争を促す欧州連合(EU)全体に広がった。07年には小口客の家庭も外国の会社と契約可能になった。

■競う海外資本

業界の寡占化が止まったわけではなく、売り惜しみが起きたこともある。原発大国のフランスではEUが定めた最低限の自由化にとどまる。それでも、競争をもたらし、新しい業界を芽吹かせる。英国では電力会社の分割、発電と送電の分離、民営化が進んだ。99年には地域独占が完全に終わり、企業も家庭も電力会社を選べるようになった。独、仏、スペイン勢が進出して6大電力の四つが海外資本となり、競い合う。

複雑化したサービスや料金から最適なものをどう選ぶか。電力やガスを売る会社と消費する企業とをつなぐ仲介業が生まれた。英ケンブリッジシャー洲の「コマーシャル・ユーティリティー・ブローカーズ」は、家族経営の小さな会社だが、工場から小売店まで顧客は全国に広がる。

ただ、自由化の値下げへの貢献度ははっきりしない。「競争に加え、設備が過剰になった時期と重なるなどの要因もある」(英ウォリック大のウォーターソン教授)。英ガス電力市場局によると、乗り換えは減る傾向にある。すでに節約し、長期契約の割引などがあるためという。

英エネルギー気候変動相のヒューン氏は18日、ネット上の「チャット」に出た。「サービスをよく比べるようお勧めします。年約200ポンド(2万4千円)の節約も可能です」。強調したのは、選ぶこと、選べることの大切さだ。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【電力会社 私が選ぶ】

地域独占の電力供給の形を、今こそ変えていかなければなりません。電気を消費者が選んで買える仕組みを作ることこそが、エネルギー政策や電力会社の判断を変える力を秘めているのだと思います。当然…今まで「原発利権」を貪ってきた人達は、「それではうまくいかない!」...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。