原発のない社会をめざして 浴びても安全な放射線量などない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浴びても安全な放射線量などない

原爆症集団認定訴訟で内部被曝について証言を行っている、琉球大学名誉教授の矢ヶ崎克馬氏は…放射性物質の拡散について次のように解説しておられました。






「内部被曝とは体内で放射線が飛ぶことを指し、空気中の放射性物質や汚染された水や食料を体内に入れることで起こります。セシウム137などの放射性物質は、とても小さい粒子でスギ花粉の10分の1ほどの大きさしかありません。
(中略)
これほど小さな放射性の埃が体内に入るのを防ぐことは、マスクをしているくらいでは不可能でしょう。福島県はおろか、私の考えでは東京に住んでいる人も内部被曝しているはずです

テレビに出演する専門家たちは『直ちに健康に悪影響を及ぼす放射線量ではない』という言い方をしますが、大量の放射線量でなければ、すぐには人体に影響を及ぼさないのは当然です。放射性物質は体内で蓄積され、何年か後に身体に変調をきたす可能性があるから問題なのです。

そもそも、政府が発表しているような『浴びても安全な放射線量』などありません。
放射線は、人体に悪影響を及ぼすものです。」
(FRIDAY 4月15日号より)

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。