原発のない社会をめざして 東電値上げ 燃料費下げる努力は?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電値上げ 燃料費下げる努力は?

このブログでも何度かご紹介していますが、自然エネルギーが普及するまでの「つなぎ」は、天然ガスを増やしていくことが最も現実的です。シェールガスなどの新技術も開発され、世界的には天然ガスの価格はずいぶん下がっていますし、これを上手に活用しない手はありません。
ところが…電力会社は、この天然ガスを「原油価格に連動した値決め方式で買い続けている」ということを、朝日新聞の社説が記事にしていました。
ちなみに、この記事に対しては「東京電力」が自社のホームページで反論をしていますので、一応そちらもご紹介しておきましょう。

「東京電力の反論」 東京電力ホームページ

以下は…朝日新聞より転載です。







【東電値上げ 燃料費下げる努力は?】
朝日新聞 3月13日

経営難の東京電力が、大企業向けに続き、家庭向けの電気料金についても約10%の値上げを申請するという。

4月以降に、国に認可を求める方針だ。平均的な家庭で月600円程度の負担増になる。値上げの理由は、燃料費だ。原子力発電が止まって、代わりに火力発電の運転が急増した。燃料費は前年に比べ4割増しになっているという。

費用がかかる分は、一定程度を利用者が負担するのはやむをえまい。だが、すべて「しかたない」で済ませていいだろうか。

燃料の多くは、液化天然ガス(LNG)と石炭だ。なかでもLNGは、日本の輸入量全体の6割が電力向けだ。問題は、震災の前から電力会社を中心とした日本勢が、このLNGを「高値買い」し続けていることにある。

天然ガス市場は今、大転換期を迎えている。シェールガスという岩層に豊富なガスが、各地で採掘可能になった。先行する米国では劇的に値段が下がり、いまや日本の輸入価格の6分の1ほどで流通している。世界のガス市場も低落傾向にある。

ところが、日本勢が買うLNGは下がらない。原油価格に連動した値決め方式で買い続けているためだ。

この方式は1970年代の石油危機を機に始まったが、40年たち合理性はとうに薄れた。むしろ、中東情勢などで原油が高止まりするいま、ガス市場の実勢からかけ離れた高値をつかまされる主因になっている。

欧州勢は産出国と粘り強く交渉し、市場を使いやすくする努力も重ねて、日本の7割前後の価格で仕入れつつある。

1月には、韓国勢が米国とのシェールガス売買契約にこぎつけた、とのニュースが流れた。米国価格との連動なので、船賃などを加えても調達コストは大きく下がる。

日本の電力会社も、ガス会社や商社と共同でLNGを買ったりする例はある。だが、本気で価格を抑えようという機運はなかった。高値で仕入れても料金に転嫁して利益が出る制度に守られてきた。

顧客を大切に考えるなら、まず燃料調達の原価を下げる交渉に努めるべきだ。

大震災で多くの工場が被害を受けた。大変な苦労で操業を再開している。だがコスト削減に努め、「値上げは権利」とは決して言わないだろう。そんなことをすれば客は他社を選ぶ。電力会社も、この厳しさを見習わなくては理解を得られない。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。