原発のない社会をめざして 「大飯原発再稼働問題」 高木美保さんコメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大飯原発再稼働問題」 高木美保さんコメント

大飯原発の再稼働問題について、大阪の橋下市長と藤村官房長官とのバトルを紹介している動画を見つけたのですが、これはなかなか面白いです。司会の小倉氏が原発を(いくぶん)かばうような発言をしようとするのを制止するように、高木美保さんが非常にいいコメントを語っています。



高木さんのコメント

「私は、まっとうなことではないかと…逆に思ったんですね。今までやってこなかったから、その前例から見ると難しいように思えるけど、海外ではもっと厳しいことをやっていた上で、それでも達成できなくて事故に至っているということを考えると、最初にこれをなぜ思いつかなかったんだろうって、後悔ばかりが先に立つということと、あと一つは民主党の中でも、この今回の再稼働を急ぐ理由は、『再稼働をしないで夏を乗り越えられちゃった時に、本格的に原発はいらないんじゃないかという意見が出てきちゃうのが困るんだよ。政府がね』って、そういうことを言う議員の人達がいるってことを考えると、おそらくこのまま再稼働して1~2年たってしまうと、なし崩しに『原発をそのままやっていきましょう』ということになりかねない恐れを考えないといけないと思うんですよ」

「私は、独自には、国民は『原発が嫌です』って言ってるだけでは、国が『やります』って言っちゃったら決まっちゃうことなので、私たちは自分の家で発電できる太陽光などの設備をつけますとか、それができないのであれば、(自治体などの)小さなエリアで最低限出来る限りの自然エネルギーを使った発電をやる覚悟がありますと。そのために財源となる税金はについては払いますよというくらいの覚悟を決めて、『それを受け入れない内閣とか政権・政党であれば一切受け付けません』っていうふうに、国民の側が何らかの覚悟を示すことがずっと必要だと思ってきてたので、形は違いますけど橋下市長の突きつける態度というのは、私はわかります」

「結局、なし崩しということを私は一番恐れているんですね。政府が取り上げている専門家の意見以外に、別の研究者とか専門家は『間に合う』って言っている人もいるわけで、どこに線を引いて『間に合わない』という結論を出したのかということが説明されてないんですよ」

デーブ・スペクター氏もいいことを言っていました。

「電力足りないと言って、夏が始まった日から夏が終わるまで足りないという意味じゃないんですよ。1日の中の1時間か2時間かもしれないし、しかも事前にわかるはずなんですよ。パニックをあおることもないと思うんですけどね。で、今の(橋下氏の)8提言を見ると、まるでマニフェストにも見えるんですけど、僕の理想を言うと、県民投票や国民投票で決めるのが一番いいんですけど、そういう制度になっていないのがちょっと残念でもあるし、あと原子力の監視機関がもっとしっかりしていれば、こういうことにはならなかったと思うんですけど」

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。