原発のない社会をめざして MBSラジオ たね蒔きジャーナル 「脱原発で豊かになろう」 金子勝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBSラジオ たね蒔きジャーナル 「脱原発で豊かになろう」 金子勝

MBSラジオの「たね蒔きジャーナル」に、『「脱原発」成長論』、『原発は不良債権である』などの著者であり、「原子力政策大綱」策定会議メンバーでもある…金子勝氏が出ていました。長いので後半部分を中心に抜粋して文字おこしさせていただきましたが、素晴らしい内容なので…できれば全てお聴きください。





【「脱原発で豊かになろう」金子勝】
2012年6月11日

原発はですね、この事故コストがすごかったでしょ。それから、あれはシュミレーションでやっていて、シュミレーションって本当の数字じゃないんですよ。
発電の実際の設置申請書なんかに出てくる実際のコストは、大体16円から20円なんです。送配電ロスもあるし、稼働率も落ちればもっと高いはずなんです。それを国の原子力推進の名前でそういうふうにやっている訳です。

膨大な借金をして建てるわけですよ。3000億から5000億くらい。そうすると、利益を生まないのに借入金だけがバンバンかかってくるでしょ?返さなきゃいけないから。

それから普通の工場と違って、止めていても安全じゃないので、人員を配置してほとんどメンテナンスコストがずーっとかかる訳です。そうすると、実は全基止まると一年間に1兆2000億の損失が発生すると言われているんですけど、そういうもんなんですよ。

関電が何で急ぐか?というと、関西電力は11基のうち7つが1970年代に運転を開始した老朽原発なんです。だから減価償却が終わって、タダ同然で儲かる原発で、危ないけど儲かるんです。

そう。だからどんどん民間企業でやっていると危ない電源になっていって、関電はしかも5割がこの原発に依存していて、実は、止めているだけでコストがかかる訳ですから、去年というか今年の3月末までで2500億の赤字で、このまま止まったままだと4000億の赤字になっちゃうんですよ。だから、だから古くても原発を動かしたいという動機が働いちゃうんですね。

なんでかと言うと、今度新しい原子炉等規制法が通ると、40年廃炉が原則になりますよね。これを厳格に適応するとですね、美浜の1号機はすでに廃炉にしなければいけない。で、2号機を今10年延長しようとしているでしょ、これもむちゃくちゃだけど、基本的には他の6基も8年間の間に全部廃炉になるんです。

そうすると、今までタダ同然で動かしていたものが、利益を生まないどころか廃炉費用だけかかってくるという、しかも発電量が急激に落ちちゃうという、だからとにかく新しい原子力規制庁とか、あるいは原子力等規制法が出来ちゃう前に、なし崩しに動かしてずるずる全部やっちゃえば、前の安全基準と同じになっちゃうから、「なんでもありになっちゃうでしょ」っていうのが、今の関西電力のやり方になっていると思う。

だからこんなもので事故など起こそうものなら、非常に日本経済に与える打撃は大きすぎて、本当に安全対策をしていったらもっと高いものなんです。だけど、コストに合うように低くしていっているから危ないんです。それは当たり前のことなんですね。

しかも、原発が世界の流行か?って言ったらもう再生エネルギーに移っているんですよ。原発は流行遅れ・後戻りは日本をダメにする。再生エネルギーにどんどん移っていくと、まず、再生エネルギーの産業ができるじゃないですか。今までだったら道路がインフラですけど、今度はスマートグリッドっていう、新しい賢い送配電網。インターネットでコントロールするような直流の送配電網を新しく作らなきゃいけないでしょ。

家は断熱化したり、スマート化といって節電ができるようなパネルを付けたり、ガスを回したりするような、そういう新しい家の構造や建物の需要が起きるでしょ。自動車や耐久消費財がみんな省エネに変わるじゃない。エネルギーが変わるとあらゆるものが変わっていくから、新しい投資や需要が爆発的に起きているんですよ。だから、原発なんかにこだわって、後ろに戻っていけば戻っていくほどこの国はダメになっちゃう。

だから次に何を狙っているか?って言ったら、みんなスマート化なんですよ。スマートハウス、スマートファクトリー、あるいはスマートシティーとか、みんなITでコントロールしながらいかに電力を節約するか、そういうシステムを作っていくというところで、日本の電機メーカーは、今まだ余力があるので、そっちへかけて行かなきゃいけなくて、実際にそういうふうに動いていますよね、いろんな電気メーカーが。だからそういう動きをどんどん止めちゃうんですよ、こんなことやっていると。

この人(野田さん)はもう頭が古いんだと思いますよ。つまり時代の流れについていけないんですよ。よく「政治決断」とか「政治判断」とか好きですよね。「政治生命をかける」って言った瞬間に「一体それはどこの生命保険会社ですか?」って思っちゃいましたよ。

だからちゃんと、時代の流れはこうなんだから、この時代の流れの中ではこれが必要なんだという、常に日本が前に進んでいく指示を送るというのが首相なんだと思うけれど、残念ながら、後戻り、後戻りですね。後ろ向きで走ってもオリンピックで絶対に勝てる訳はないんですけど。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。