原発のない社会をめざして 「大竹まことの文化放送ゴールデンラジオ」 2012年6月18日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大竹まことの文化放送ゴールデンラジオ」 2012年6月18日

大竹まことの文化放送ゴールデンラジオという…ラジオの番組はなかなか面白いですね。
6月18日のオンエアがYoutubeにアップされていたので、ちょっと書き起こししてみました。





【大竹まことの文化放送ゴールデンラジオ】
2012年6月18日

太田英明: 朝日新聞からご紹介します。東京電力の福島第一原発の事故の直後、去年の3月17日から19日なんですけれども、アメリカのエネルギー省がアメリカ軍の飛行機を使って放射能測定を行って、非常に詳しい汚染地図を提供していたという事が分かったんですね。日本政府に対して。
ただ、日本政府は公表せずに、住民の避難に活用していなかったことが分かった。という記事が載っております。
これ、実測値ですから、SPEEDI の予測が活用されたのとは別にして、これは実際に飛行機を使って、実際に分かったものなので、非常に分かりやすいデータだったんですけれども、これがしまいこまれ込まれちゃって活かされずに、大勢の住民の方が逆に汚染地域を目指して避難してしまったという、そういう状況が改めて出てきていますね。
で、外務省に最初、日本のアメリカ大使館経由でこのデータがもたらされていて外務省から原子力安全保安院と、それから文部科学省にはいきました、データが。ただ、その、文部科学省と原子力安全保安院がデータを公表しませんで、さらに総理官邸や原子力安全委員会にも伝えていなかったという事なんです。


(中略)

大竹: それを地図にした。地図にして、これが北西方向に広がっているというのが実際に、その資料も地図も出ているんだけれども、汚染地図が出てるんだけども、もう…これで見ると、125マイクロシーベルト。これはもう、普通の基準値は超えてる訳だよね。この超えている方にみんな逃げたんだね。超えている方に、情報を知らされていないもんだから逃げたんだね。

大竹: 外務省にこの情報が入ってきて、これは経産省に行きました。外務省に入ってきて文科省に行きました。でも、内閣も知らなかったし、文科省も、大臣たちも知らなかった。どっかでこの情報が止まった。政府の安全委員会も知らなかった。ただ経産省にある安全保安院までは、行ってたと。そこで止まったと。

太田: 朝日新聞がこの情報をつかんで色々と取材を重ねたんですけれども、なかなかはっきりと物を言ってくれなかったそうなんですが、一応今分かっている時点でどういう言い訳をしているかというと、文部科学省の方は、
「当時自分たちに任されていたモニタリングをきちんとやることが最大の課題だったので、住民避難に生かすという発想自体がなかった」と、そういう言い訳をしています。
それから、原子力安全保安院の方は、
「当時は原子炉をどう制御するか、抑えるかに必死だったし、モニタリングの作業は文部科学省であるという意識だったので、文科省がやるだろうというふうに思っていた」と、それぞれ双方はそういう言い訳をしているんですね。

大竹: 東大の名誉教授の柴田さんは、「致命的は判断ミスだ。すぐに公表していれば、避難方向を誤って被ばくするという事態を防げた筈だ」というふうに話しています。
それが、この情報が分かったのが、4月の22日。そしてこの記事が今日新聞に出ていたんですが、それがもう1年と3か月以上経った今日6月の18日の新聞にこれが出るという、後手後手のお話です。


太田: それで、今度新しく原子力規制委員会という新しい組織ができるんですけれども、そこに、この原子力安全保安院の人達とか、データを管理していた文部科学省の人達が行って、新たな組織を作ると。

大竹: ちょっと待って下さい。それは、今までこのデータを知っていながら公表しなかったような部署にいた方々が、今度は規制庁に来るわけですか?ノーリターン・ルールというのはそれだとあんまり意味がなくありませんか?

(中略)

太田: これは東京新聞の記事なんですけれども、ま、原発はいろんな問題がありますけれども、核廃棄物の処分をどうしたらいいのか、これは、非常に頭を悩ませているところなんですけれども、原子力委員会が依頼して、日本学術会議というところで何とか解決策を見つけて下さいとお願いをしました。
この日本学術会議というのはどういう会議体かと言いますと、研究者の国会とも呼ばれていて、いろんなジャンルの研究団体から選ばれた会員で作られている組織なんですね。
で、今回の核のごみ処理の問題でも、原子力工学、地質学、歴史社会、経済、いろんな分野の人達が集まって検討委員会を組織して、「核廃棄物の処分、どうしたらいいか」を考えました。


太田: 2年前に議論を開始しました。結論としては、地下深くに埋める今の処分方針では安全性が確保できない。受け入れ先を見つけるのが難しい。方針転換が必要なので一から考え直すことを提起しました。「考え直しましょう」っていう事だけ決まりました。

大竹: あのね~、これねぇ、コントやってるんじゃないんだから…。それでこの間タックル(テレビタックル)に来た澤田さん(東工大)っていう人にもきいたけれども、「核燃料のね、使用済みどうするんですか?って。決まってないんですか?」って、そうしたらあの方、「そこまでは考えてなかった」っておっしゃったんですけど、これ番組内でのちゃんとした発言ですけれども、「それはないだろう」と。

大竹: これが全部分かっていて、しかも取り上げませんでしたけれど、別の記事ではですね、廃炉にしたらですね、今から廃炉にしたら、四社ですけれどもね、これ廃炉にした時点で全部債務超過になると。

太田: はい、朝日新聞の記事ですね…つまり原発を止めると、「電力不足が起きちゃうから大変だ」というのがもちろん理由として出てきていますけれど、裏側には、その「4つの会社が債務超過になっちゃうよ」っていう理由も…

大竹: 「だから動かすしかないんだ」っていね、ところもあるだろうし、もう一つ、40年前のヤツをあと20年延ばそうっていう話も出ているんですけど、40年前の僕たちが乗っている車、どんな車だったと思います?40年前の車をず~っと乗り続けると、40年前なんて、汽車なんか大変ですよ。機関車かあんなので、あんな物をですね、まだ20年乗り続けようっていうお話です。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

彼岸花さんへ

彼岸花さん。コメントをありがとうございます。

> 意図的にやったのか、馬鹿なのか、理解できない話です。

明らかに意図的にやったのでしょう。そして馬鹿なのです(笑)
もう…利権という麻薬で脳の奥まで溶けてしまっていて、
善悪とかが判断できなくなっちゃってるんでしょうね~。
本当に嘆かわしいことです。

今晩は晴れてくれるといいですね。
ありがとうございました。合掌

No title

大竹まことさんはいいですよね。
TVタックル、時々見ますが、いつも彼が一番本質をとらえてる気がします。

この、アメリカからの情報を何処かでストップしちゃった話、ひどいですよね。
こんなことばっかりだ!
意図的にやったのか、馬鹿なのか、理解できない話です。
国会事故調は、こういうところに踏み込んで調査してほしかったなあ。
民間事故調などと同じ視点で、相変わらず菅さんが怒鳴ったとかそんな視点。
もっと根本的な問題点をえぐり出してほしかったです。
保安院の罪は、伝えられてる以上に、相当重いんじゃないですかね。
ここでいろんなことがストップしている。
これが次の規制委員会にそのまま横滑りするんじゃ、あまり期待できない
組織になりそうで今から不安です。

明日は、官邸前デモ、行きますよ~!^^
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。