原発のない社会をめざして 宗教者が共同声明 原発の廃止求めます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教者が共同声明 原発の廃止求めます

宗教界が、宗派の垣根を超えて…とても素敵な声明を出してくれました。これは素晴らしいことです。
私は、この声明を全面的に支持いたします。合掌

宗教者が共同声明 原発の廃止求めます



【宗教者が共同声明 原発の廃止求めます】
しんぶん赤旗 7月14日

「宗教者は原子力発電所の廃止を求めます」。仏教、キリスト教はじめ宗教・宗派の違いを超えて宗教者51氏が呼びかけ人になった声明が13日、京都市内で発表されました。東電福島原発事故以来、原発廃止を求める声明や決議が各宗教団体から出るなか、広範な宗教・宗派の共同の声明は初めて。広く賛同を呼びかけています。

発表の会見には、呼びかけ人の河野太通・全日本仏教会前会長・臨済宗妙心寺派管長、宮城泰年・本山修験宗管長、大江真道・日本聖公会司祭らが出席。

「命を大切にする宗教者として何か言わなければならない」(河野氏)、「危険な放射性廃棄物を埋めてしまうのは未来の地球に大変な罪を犯すことになる」(宮城氏)などと語りました。福島県から早川篤雄・浄土宗宝鏡寺住職がかけつけ、「再び原発事故を許してはならない。この声明に光明を見いだした」と語りました。

呼びかけ人には、各宗教団体の代表的宗教家や草の根で原発の危険性を訴えてきた宗教者が、立場の違いを超えて名を連ねています。

声明は、福島の原発事故は「原発と生きとし生けるものとは共存できないことを立証しました」と指摘。「放射性廃棄物を必然的に蓄積させ、将来にわたって『いのち』を危機にさらし、子孫に負の遺産となる」とのべています。

また、原発推進者と政府にたいし、一刻も早い除染、被災者への長期の健康管理、誠意ある賠償の重い責任を果たすよう要求。事故原因も未解明のまま再稼働に固執し輸出まで企てるのは、「『いのち』より『儲(もう)け』を優先するものといわざるをえません」と強い口調で批判しています。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。