原発のない社会をめざして 原発がどんなものか知ってほしい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発がどんなものか知ってほしい

電力会社や御用学者…いわゆる原子力推進派の人達の言葉を真に受けて、「原発は安全」と信じこんでいる人達が、私の周りにも少なからずいました。もちろん…そのような人達を責めているわけではありません。推進派はとんでもないお金をかけて「安全神話」のプロパガンダを垂れ流して、これまで強大な利権を守ろうとしてきたのです。騙されてきた人も被害者の一人だと思います。
しかし、さすがに今回のフクシマの事故を目の当たりにして、そのような信念も揺らいだことと思いますから、そろそろ現実をしっかりと受け止めないといけないと思います。

ところで…平井憲夫さんという人がいました。20年にわたって原発の内部で働いていた人で、ネットにこの人が書いた内部告発の文章があります。

原発がどんなものか知ってほしい
以下、本文より抜粋…

皆さんが知らないのか、無関心なのか、日本の原発はびっくりするような大事故を度々起こしています。スリーマイル島とかチェルノブイリに匹敵する大事故です。一九八九年に、東京電力の福島第二原発で再循環ポンプがバラバラになった大事故も、世界で初めての事故でした。

そして、一九九一年二月に、関西電力の美浜原発で細管が破断した事故は、放射能を直接に大気中や海へ大量に放出した大事故でした。

チェルノブイリの事故の時には、私はあまり驚かなかったんですよ。原発を造っていて、そういう事故が必ず起こると分かっていましたから。だから、ああ、たまたまチェルノブイリで起きたと、たまたま日本ではなかったと思ったんです。しかし、美浜の事故の時はもうびっくりして、足がガクガクふるえて椅子から立ち上がれない程でした。

この事故はECCS(緊急炉心冷却装置)を手動で動かして原発を止めたという意味で、重大な事故だったんです。ECCSというのは、原発の安全を守るための最後の砦に当たります。これが効かなかったらお終りです。だから、ECCSを動かした美浜の事故というのは、一億数千万人の人を乗せたバスが高速道路を一〇〇キロのスピードで走っているのに、ブレーキもきかない、サイドブレーキもきかない、崖にぶつけてやっと止めたというような大事故だったんです。


…以上。
推進派の人達は、この文章のことを「嘘だらけだ!」とか「情報操作」だとか、それこそやっきになって叩いているようですが、細かいデータなどのことはともかくとしても、原発の危険性の本質の部分は…この人の言うとおりだと思います。
ぜひご一読をお勧めします。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。