原発のない社会をめざして 戦争と原発に向き合う 核時代の新たな不安

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争と原発に向き合う 核時代の新たな不安

8月17日の東京新聞の社説から転載です。
やはり…東京新聞は素晴らしいです。関東にお住まいの方で…間違って読売新聞などを購読されている方がいましたら、1日も早く東京新聞に変えることをおすすめいたします。ちなみに、購読料も安いです。
念のため…私は東京新聞の回し者ではありません(笑)







【戦争と原発に向き合う 核時代の新たな不安】
東京新聞 2012年8月17日

冷戦時代、人類は核戦争の恐怖に直面しました。今は核汚染の怖さが加わります。原発事故はその一つ。核時代の新たな不安の中に私たちはいるのです。

年配の方なら思い出せるかもしれません。広島、長崎に続き、核の恐怖を再び実感として覚えたのは、一九五〇年代の原水爆実験のころではなかったでしょうか。

米国がブラボーと呼ぶ水爆実験をマーシャル諸島ビキニ環礁で行いました。危険区域外のマグロ漁船第五福竜丸が風向きのせいで死の灰を浴びました。現地の島民は緊急移動させられました。

◆世界に広がった抗議

そのニュースは世界を駆けめぐり、人々はあらためて驚いたのでした。島一つを吹き飛ばす爆発規模、また重大な放射能被害。ニューヨークにあてはめるなら、マンハッタン島が消滅し、生き残る者はいない。

米国では、こんな意見が出てきました。…このような危険なものを将軍や政治家たちに任せておいていいのだろうか。脅えるのではありません。健全な精神の持ち主なら当然もつであろう疑問です。日本では全国に核実験禁止の署名運動が、欧州でも抗議運動が広がりました。

二度の大戦を経験している、英国の思想家で数学者のバートランド・ラッセルはこう考えた。

広島原爆はTNT火薬にして二万トンの威力があった。では二万トンの爆弾一個と、五トンの爆弾四千個とはどう違うのか。ビキニの水爆は広島原爆の一千倍もある。これはただの恐怖ではない。人類は自らを破滅させる兵器をとうとう手中にした、ということだ。持ってはいけないものを持ってしまったということだ…。

◆ラッセルの問いかけ

彼は世界の人々に伝えるべき宣言を起草します。

<戦慄すべき、しかし逃れることのできない問いがある。われわれは人類に終止符をうつべきか、それとも戦争を放棄すべきか>

宣言には、物理学者アルベルト・アインシュタインや湯川秀樹らノーベル賞学者らが署名し、ラッセル・アインシュタイン宣言として世界運動につながってゆく。

半世紀前、世界の知性が見抜いたのは人類全体の破滅の可能性でした。想像力の所産であり、倫理のもつ力でもあります。人々には大戦の悲惨さという実体験、実感が伴ってもいました。

核実験は縮小に向かったものの一九八六年、人類は新たな核の恐怖にふるえることになりました。当時ソ連のチェルノブイリ原発事故です。平和利用のはずの原子力が深刻で広範囲の放射能汚染を招いてしまったのです。

とりわけ欧州の悩みは深いものでした。米ソ冷戦の前線として核ミサイル配備があり、核の恐怖は潜在していたからです。

チェルノブイリ事故の教えたことはじつに単純でした。原発は壊れることがあり、ひどい場合には大量の放射能を放出する可能性があるということです。その前の米国スリーマイル島原発事故の被害をはるかに超えていました。

それは広島、長崎の犠牲で始まった核の時代の新たな不安を示したのでした。核の不安は兵器だけではなかったのです。核と人類は共存できないという至言が思い出されます。私たちは広島、長崎に続き福島という三つ目の悲劇をえてしまったのです。

福島はチェルノブイリ以上の衝撃を世界に与えました。世界に誇るべき技術と労働資質をもつ国で重大事故が起きたのです。世界には地震国というだけでは片付けられない事故と映ったのではないでしょうか。たとえばドイツは、代替エネルギーがあるのなら原発は不要という明快な結論に早々と達しました。それがたとえ困難な道であろうとも、です。

しかし、原子力の研究はもちろん続けなければなりません。純粋な科学的知見はより深めねばならず、医療などの民生利用にも必要です。原発の廃炉や核廃棄物処理のためにも不可欠です。

◆人、自然の受ける被害

福島の事故で放出された放射性物質は、セシウム137(半減期約三十年)換算で広島原爆の一六八・五個分だったといいます。

この数字をどう考えたらいいのか。原爆では熱線や爆風、中性子線の被害が大きい。その通りでしょう。しかし私たちが今実感しているのは、原発過酷事故が人や社会、また自然に与える影響の途方もない大きさと深刻さなのです。それは世界共通の潜在的な不安だともいえるでしょう。

私たちは、半世紀前のラッセルに似た問いを発せねばならないのかもしれません。戦争を放棄できるのか、人類は果たして安全でいられるのか、と。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

yokoblueplanet さんへ

yokoblueplanet さん、動画を紹介していただいてありがとうございます。
一人でも多くの方に見ていただければ嬉しいです。
早くすべての原発を無くしたいものですね!
ありがとうございました。合掌

今日紹介しました。

こんばんは。
事後承諾になりましたが、「がれきの広域処理をピノキオで説明」をリンクして紹介しました!
今日の記事も良いですね!
プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。