原発のない社会をめざして 閣議決定見送り 脱原発の後退許されぬ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閣議決定見送り 脱原発の後退許されぬ

やはり、政府の「原発ゼロ」政策も、口先だけの選挙対策だったようです。
まあ、ハナからどうせそんなもんだろうと思っていましたから、そもそも大した期待もしていなかったのですが…
最後はすべて経済界の頑固なお爺ちゃん達の言いなり…というのですから情けないことですね。
この件について、中日新聞の社説がとても良かったので転載いたします。








【閣議決定見送り 脱原発の後退許されぬ】
中日新聞 2012年9月20日

政府が「革新的エネルギー・環境戦略」の閣議決定を見送った。二〇三〇年代の原発稼働ゼロという目標すら後退しかねない。脱原発に本気で取り組む意気込みが野田佳彦首相にあるのか、疑わしい。

首相に原発稼働ゼロを実現する強い決意があるのなら、こんな結末にはならなかったはずだ。

政府は先週「三〇年代の原発稼働ゼロを可能とするよう、あらゆる政策資源を投入する」という戦略を決定した。

ところが閣議決定したのは、この戦略を「踏まえて、関係自治体や国際社会などと責任ある議論を行い、国民の理解を得つつ、柔軟性を持って不断の検証と見直しを行いながら遂行する」ことだ。この場合「踏まえる」には「参考にする」程度の意味しかない。

原子力関連施設のある関係自治体や、日本と原子力協定を結んで核燃料を供給する国際社会と議論し、原発推進を望む経済界を含む国民の理解を得つつ、柔軟性を持って見直すのは、原発稼働ゼロを阻止する言い訳にも聞こえる。

藤村修官房長官は、実際に三〇年代に原発稼働ゼロを実現するかどうかは「総合資源エネルギー調査会が決める」と述べた。この調査会は原発推進の役目を担ってきた経済産業相の諮問機関である。

そこに最終判断を委ねるのは、原発稼働の継続を端(はな)から容認しているようなものではないか。

首相は民主党代表選の記者会見で「一時的な感情ではなく、原発に依存しない社会を目指すという強い覚悟が(国民に)出てきている。政府もそれを受け止め、覚悟を決めた対応をしなくてはならない」と述べた。

そもそも国民の多くが求めていたのは三〇年までの原発稼働ゼロ実現である。それを最大で十年間も猶予する甘い目標を定め、それすら閣議決定できずに「覚悟を決めた対応」とは聞いてあきれる。

できもせず、やる気もないのに選挙目当てで一時的に国民の歓心を買うことを言い、結局、欺くようなことが許されるはずはない。

きのう発足した原子力規制委員会の田中俊一委員長ら五人の委員人事でも首相は必要な国会での同意を得ず、規制委設置法の例外規定に基づいて任命した。

「原子力ムラ出身者」の起用に民主党内でも反発が広がり、党の分裂回避を優先させたのだろう。

あまりにも姑息(こそく)、党利優先で、国会軽視も甚だしい。こんな内閣には、もはや国民の生命と財産を守る役目を担う資格はない。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ゆいさんへ

ゆいさん、ありがとうございます。

> 「癌が福島の原発によるものだとゲノム解析からわかる」
> と書いてありました。悪事は決して消せないということですね。

そうですね。これは違う情報ですが…
ヒロシマ・ナガサキの原爆被害者の検体を調べると、
プルトニウムが今でも放射線を出し続けている様子が確認できるそうです。

http://shaman.blog.ocn.ne.jp/mahvairocana/2009/08/post_bb97.html

化学の進歩によって、今までわからなかったことが徐々に明らかになっていき、
推進派のウソもどんどん暴かれていくことでしょうね。

> それにしても同じような失敗を何度も何度も繰り返しても
> 学ばない人間って、例え技術や文明は進歩していても
> 「性質」は数千年間、全然進歩していないのだなとしみじみ思います。

これもまったく同感です。本当に人間は愚かな生き物だと思います。
明治時代に、足尾銅山の鉱毒問題に命がけで取り組んだ田中正造は…

「真の文明は 山を荒らさず 川を荒らさず
村を破らず 人を殺さざるべし」

と言っていますが、結局誰もその言葉に真剣に耳を傾けなかった。
そして、それ以降もただただ便利さだけを無自覚に追い求めた結果が今の社会ですよね。
しかも、なまじ文明技術だけはいたずらに進歩してしまっているので、
いざ公害が起きた時には被害は桁外れに大きくなるから困ったものです。

おそらく…今まさに文明の転換期にさしかかってきている時代ということなのでしょうね。
不幸な「原発事故」は、そういうことをあからさまに象徴しているのであって…
これからも無自覚に今までのような事を続けていくならば人類は滅び、
ここで立ち止まって反省をすることができれば、まだ少し未来が見える。
そういう構図で、まさに今ここが正念場の闘いなのだと思います。

ありがとうございました。合掌

うみそらさんへ

やっちゃんかっちゃんさんとても素敵なご夫婦ですね♡

「公害訴訟対策」としてまるでマニュアルがあるかのように
水俣の時と全く同じだと思います。。。

しかも、放射能の場合は被害が数年後に現れるということなので
ますます責任逃れをしやすい状況ですが
先日うみそらさんが貼って頂いたリンクに
「癌が福島の原発によるものだとゲノム解析からわかる」
と書いてありました。悪事は決して消せないということですね。

それにしても同じような失敗を何度も何度も繰り返しても
学ばない人間って、例え技術や文明は進歩していても
「性質」は数千年間、全然進歩していないのだなとしみじみ思います。

ゆいさんへ

ゆいさん、ありがとうございます。
ブログで交流させていただいている、やっちゃんさんという方が最近アップされた記事の中に、
「水俣と共通する10の手口」というのがありました。それによると、

http://taniguchi11.blog.fc2.com/page-1.html

① 誰も責任をとらない。縦割り組織を利用する。
② 被害者や世論を混乱させ賛否両論に持ち込む。
③ 被害者同志を対立させる。
④ データを取らない。証拠を残さない。
⑤ ひたすら時間かせぎをする。
⑥ 被害を過少評価するような調査をする。
⑦ 被害者を疲弊させあきらめさせる。
⑧ 認定制度を作り被害者数を絞り込む。
⑨ 海外に情報を発信しない。
⑩ 御用学者を呼び国際会議を開く。

見れば見るほど、まったく同じことをしていますよね。
なんとも情けないことです。

「私が死ぬまでには必ず全ての原発を廃炉にし
できるだけの除染をして、子孫に日本を残したいです。」

本当ですね。頑張りましょう!
私も全ての原発が無くなるまで声を上げ続けるつもりです。
ありがとうございました。合掌

戦いは長く続く

水俣訴訟の歴史を読むと
いかに政府や大企業と闘うということが
長い年月がかかり、忍耐を必要とするかということがわかります。

チッソは36年間も水銀を川へ流し続けていたのですから。。。
今の時代で水銀が猛毒であることは世界の常識ですが
当時は「うるさいことをいう貧乏人たち」というように
被害を訴える人たちは周りから疎まれていました。

上関の原発は事実上廃止という方向になってきたみたいですが
上関の人たちは1982年以来、30年にも渡って反対を続けて来て
やっと福島の事故の結果叶うかもしれない、という希望が
見えて来たところです。

経団連のおじいちゃん達が死ぬまでには無理でしょうが
私が死ぬまでには必ず全ての原発を廃炉にし
できるだけの除染をして、子孫に日本を残したいです。

Lily姫さんへ

Lily姫さん、おはようございます。
本当に頭にきますよね~!

「期待も信用もしてはしてませんでした
でも、期待してたみたい、私。くやしいけど・・・」

このお気持ち、すごくわかります。

でも、逆に考えると案外これで良かったのかもしれませんよ。
ハナから政府は本気で「原発ゼロ」なんてやる気はなかったと思うんです。
でも、このままじゃ選挙に負けちゃうから、いちおう閣議決定しといて、
後からそれをウヤムヤにする…というのがシナリオだったのでしょう?

下手をすると、それで「日本は脱原発を決めた」と安心してしまう人がいて、
抗議行動などが下火になってしまう恐れもあったと思うのですが、
でも、経済界とやらのボケ爺さん達がギャンギャン騒いでくれたから、
政府はびびって瞬く間に方針を撤回して、ますます国民の怒りは大きくなった!
これで再び反対運動も盛り上がることでしょう。

しかも、今までは(決定を発表するだけの役目の)政治家ばかりがやり玉に上がって、
裏で糸をひいている既得権益の連中の姿は見えにくかったですけど、
今回の事で本当の敵の姿もハッキリ見えました。

これは、彼岸花さんのコメントのお返事にも書いたことなのですけど、
私は、原発関連企業の製品の「不買運動」というのが一番効果があると思うんです。
米○のお爺ちゃんが気に入らなかったら、住友銀行の口座を解約する。
原発を作り続けている限りは、東芝や日立、三菱の製品を買わない。
みんながこういう行動に出たら、推進派はすぐにガタガタになりますよ。

そもそも、頑固なお爺ちゃん達は、原発推進が経済界の総意のような言い方をしていますけど、
経団連に限って見てみても、「エネルギー・環境政策の選択肢等」のアンケートに対して、
133団体のうち、わずか33団体が賛成しているだけで、後は回答すらしてませんよね。
しかも、テレビなどを見てみても、コマーシャルは節電とかソーラーパネルとか、
「脱原発後」を睨んだような製品ばかりがバンバン宣伝されていて、
明らかに世の中の流れはそっちの方向に向かっているように見えます。

すなわち、経団連のほとんどの企業も、表向き原発関連企業に逆らうようなことが言えないだけで、
決して彼らも一枚岩というわけではないのだと思います。
まあ、しばらくはすったもんだするのは仕方ないでしょうけど、
私は、最後は必ず原発はなくなると…わりかし楽観的に考えているんですよ。

だから、Lily姫さんもあんまり落胆したりしないでくださいね~。
ありがとうございました。合掌

No title

そんなもんだろうとは思ってました
期待も信用もしてはしてませんでした
でも、期待してたみたい、私。くやしいけど・・・
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive11.html
↑ みんなの意見を少しずつだけど、読んでいるの
一人一人の真剣な思いに泣けてきます
こんなにたくさんの思いを、ないがしろにするのか!
そんな日本という国なのか!と思って、それにも泣けてきます

うみそらさんっ! 彼岸花さんっ!
あたし、くやしいっ!!! (大泣き)
くやしくて、悲しくて、ガッカリしすぎて、寝込みたいくらいです

彼岸花さんへ

彼岸花さん、ありがとうございます。
「ほんとに腹が立ちますね。」
まったくです。まったくです(怒)!

でも、最近特に思うのですが、
やっぱり…こちら側の抗議のあり方にも問題があるのではないかと。
結局、いくら政治家をつついて追及してみても、
彼らは選挙の票とカネが欲しいだけだから、最後はパトロンの経済界の言うことを聞く。
この、経済界という政治家の後ろにある本丸をきちんと叩かないと、
たとえ野田さんとかをやめさせても、第二・第三の似たような政治家が送り込まれてくるだけですよね。

いっそのこと、デモも官邸前あたりを中心にするのではなく、
経団連とか住友銀行の前などでガンガンやったほうが、ずっと効果的なのでは…
とも思うのです。
そして、もっと不買運動なども大々的に絡めて、
「あんまりふざけたことばかりやってると、あんたらの企業潰れちゃうよ!」
っていう、そういうプレッシャーをかけていくことが必要なのではないでしょうか?
個人的には…あの厚顔無恥な米○のお爺ちゃんの困った顔が見てみたい(笑)

ありがとうございました。合掌

No title

ほんとに腹が立ちますね。
海外の圧力や、立地自治体の文句、そして、経済団体からの圧力…
これらに立ち向かうことが出来ずに、わずか一週間かそこらで、
へタレてしまうとは。ドイツに出来ることがどうして、あのような事故を起こして
しまった我が国で出来ないんだろう…と思いますが、結局、
民度、政治に対する成熟度の違いということに行きついてしまい、がっくり来てしまいます。
ドイツも一朝一夕で脱原発を決めたわけではない。公害問題やリサイクルへの
関心の高さなど、素地が出来ていたんですね。
日本はまだまだ…
原発のことは話題にさえだんだん上らなくなり、今は領土問題一色みたい…
なぜこう、わあっと一方向になびくかなあ。
また、デモに行かなくっちゃと思っています。

プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。