原発のない社会をめざして 7.1新宿 原発やめろ!!!!!デモ 社民党党首 福島瑞穂も参加。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.1新宿 原発やめろ!!!!!デモ 社民党党首 福島瑞穂も参加。

政権与党である民主党もダメ!自民党も論外…ということで、そういう想いを持つ人の受け皿として橋下新党などが騒がれていますが、共産党や社民党についてはほとんど語られることがないのは不思議です。
少なくとも…原発の事に関しては明確に「反対」を表明している両党なのですから、何とか原発をやめさせたいと考えているならば、もう少し彼らの応援をしてあげてもいいのではないでしょうか?
というわけで…今回は社民党党首の福島瑞穂氏が、7月1日に新宿で行われた「原発やめろ!!!!!デモ」でスピーチをした内容を書き起こしいたします。




私は、2ヶ月前に大飯原発に行きました。ベントもないんです。耐震重要棟もないんです。そして津波のためのかさ上げも、これからやるというのが大飯原発です。

先週の金曜日、超党派の議員と渡辺満久教授(変動地形学)と一緒に、大飯原発の破砕帯・活断層の調査に大飯原発の中に入りました。

大飯原発の中にある破砕帯は、活断層ではないか?活断層が重要な施設や給水の用水の間をまたがって走っているのではないか?というのが専門家の指摘です。

もしも地震になって、もしも活断層が動いたら、大変な惨事が起きます。皆さん、大飯原発再稼働は安全性が担保されていません。少なくとも破砕帯が活断層かどうかの調査を、政府はすべきだと思いますが、どうでしょうか?

私たちは官邸に申し入れ、民主党の議員は枝野さん・細野さん・平野大臣に申し入れを行いました。金曜日みんなで官邸前に集まった時に、官邸の中にみんなの再稼働反対の声が響き渡っていました。

どうして政府は、民の声を、人びとの声を、命の声を聞かないのでしょうか?野田政権に退陣してもらおうではありませんか。原発再稼働を推進する政権には、退陣してもらうしかありません。

社民党は、どんなことがあってもこの日本で、皆さんたちと一緒に脱原発を必ず実現したいと思っています。地震の多い日本で、原発を動かすわけにはいきません。

野田総理に、予算委員会で質問をしました。「私の責任で原発を動かす」そう言いました。でも皆さん、原発の事故の責任なんて政治はとっていないじゃないですか。

誰も原発事故の被害の責任なんて取れないんです。私たちは、政治がやるべきことは、脱原発であり、原発を動かさないことです。

8月にエネルギー環境会議が出す提案に、「原発ゼロ」が入るように、国会の中で脱原発基本法が通るように、この日本で全ての原発を廃炉に少しでもできるように、そしてとにかく原発再稼働…ほかの原発もさせない。

大飯原発も再稼働をさせないように、止めるように一緒に力を合わせてください。この日本で脱原発を実現していきましょう。

人気ブログランキングへ
↑原発を止めたい方 クリックをお願いします↑
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

彼岸花さんへ

彼岸花さん、いつもありがとうございます。
ちょこっと奥多摩の方にキャンプに行っていました。
焚き火を囲んで太鼓叩いて遊んで…気持ちよかったです♪
たまには気分転換も必要ですね。リフレッシュして帰ってきましたよ~。

福島さんは頑張ってくれていますよね!
私も、官邸前の抗議行動の時に何度かお見かけしていますが、
おそらく…ほぼ毎週参加されているのではないですかね?
良いことを言ってくれているのに、なかなか支持が伸びないのは、
とても残念なことですね。

社民党や共産党は、やっぱり今までのあまり良くないイメージが、
いまだに国民の意識の中にすり込まれているのでしょうかね?
でも、そのイメージだって保守派の情報操作によって作られた一面があるわけで、
実際のところはどうだかわかりませんよね。

少なくとも、この「原発」の問題に限っては、社民党も共産党も、
一貫して反対の立場を訴えているわけで、
(社民党は、村山政権の時にはちょっとぶれましたけど…)
もう少し注目されるべきだと思います。

「マスコミの世論誘導も影響がすごく大きいです!」

まったく同感です。実は、私はそれが一番の問題だと思っていまして、
なんだかんだ民主や自民を批判するようなポーズで報道をしつつも、
結局マスコミはそちらに誘導をしていくわけで、到底中立には見えませんね。
しかも、日本人は極めて素直な国民で、
ツイッターで見たのですが…「マスコミ報道の信頼率が世界一」?
テレビや新聞に書いてあったらすぐに信じちゃう!
まったく困ったものですね。

「なぜ社共の票が伸びない、選挙のたびにむしろ
減って行くのか…
それについては近いうちに記事にしたいと思っています。」

彼岸花さんの記事!楽しみにしていますね♪
ありがとうございました。合掌

愛希穂さんへ

愛希穂さん、いつもありがとうございます。
ブログを自動更新にしてキャンプに出かけていたので、
返信が遅くなってしまってすいません。
リフレッシュして帰ってきたので、
これからまたバンバン更新を続けていきますよ~♪
さて…

「自民党と連立した時のことが今でも尾を引いているのでしょうか。」

確かに、村山政権の時代のあまり良くない記憶が残っていて、
そういう事が社民党の支持が伸びない理由の一つになっているのかもしれませんね。
共産党アレルギーというのも、もちろんあると思います。

でも、そんなことを言っている場合じゃないですよね。
このまま民主党や自民党などが勢力を持ち続けていたら、
なし崩しに原発がどんどん再稼働されてしまう!

そう考えれば…社民党や共産党が政権を取ったからといって、
日本が共産主義や社会主義の国になるわけがないのですから、
皆でもうちょっと応援してあげてもいいと思うんですけどね。

また、共産党の志位さんの演説などもアップしようと思っています。
ありがとうございました。合掌

No title

3.11以来、福島瑞穂さんは、熱心に脱原発のために動いて
いらっしゃいますね。トークなどをよく見ていますが、至極いいことを
いっていて、理路整然。
デモの現場でも、彼女には野次が飛んだりしません。
むしろ『ミズホちゃ~ん!』と声援が飛ぶ。
それなのに、なぜ社共の票が伸びない、選挙のたびにむしろ
減って行くのか…
それについては近いうちに記事にしたいと思っています。
民主党がだめだからと言って、国民が次の選挙で、自民党や、
維新に票を集めたらたいへん!
私、今朝、twitterのハンドルネーム(?)変えました。反民自公維新、と
いうのをつけ加えました!(笑)
でも、ほんとは笑い事なんかじゃない。今のこの国のムードを
本当に案じています。
脱原発の、政治の受け皿を積極的に作って行かないとだめですね。
民主党でも、脱原発基本法をめざしている菅さんなどは応援したいです。
次の国政選挙では『脱原発』が争点になるだろう、と、わずか数か月前までは
考えていたのに、『脱原発』のだの字も、最近では争点として語られることが少なくなって来てしまっている…
代わりに急浮上してきたのが消費税増税(社会保障制度抜きの)論議であり、
オスプレイ配備問題や竹島、尖閣などの領土問題。その陰で、原発に関する論議は急速にしぼんでいく…

私は陰謀論などに安易に与しないで立っていようとずっと思っていましたが、
ここ2カ月ほどの日本を取り巻く状況は、いかがわしすぎる……
もう、笑ってしまうほど、私などの望まぬ方向へ方向へと国が流れていくようで、
茫然としてしまいます。
でも、ここで黙り込んじゃおしまい。何とか違う動きをつけていかないと、です。

それにしても、NHKは変です。ずうっと自民党の総裁選の扱いが
異常に大きい。私はNHKの役割は『腐っても鯛』式である、と思い続けて
来ましたが、このところその気持ちが急速に失せてきています。
まあ、NHKだけでなく、朝日の紙面も、民主党党首選びより、自民党
総裁選びの方が扱いが大きかったような。一体どこが今の政権与党なの?
と疑いたくなるようでした。社民、共産、公明(嫌いですが)、国民の生活が第一、
緑の党、…それぞれがそれぞれに活動してはいるのだろうけれど、
ニュースで取り上げられることはほとんどないか、あっても軽い扱い。
…これでは、弱小政党はいつまでも弱小なままですね。

マスコミの世論誘導も影響がすごく大きいです!


No title

こんばんは。

私も不思議に思っていました。どうして、原発反対を表明している社民党の支持が広がらないのか。
政治的無関心と、やはり自民党と連立した時のことが今でも尾を引いているのでしょうか。
共産党に関しては、名前だけでアレルギーなのかもしれませんね。私は比例ではずっと共産党と書いてきたのですが。

誰も原発事故の被害の責任なんて取れないんです。私たちは、政治がやるべきことは、脱原発であり、原発を動かさないことです。
その通りですよね。責任なんて今も取っていないし、取れるわけもないし。ならば、やろうと思えばやれることをしていけばいいのですよね。国民を犠牲にしない、というのが条件ですが。


プロフィール

海空居士

Author:海空居士
当ブログはリンクフリーです。トラックバックや転載等もご自由に。
コメントも大歓迎です。興味深い情報があれば教えてくださるとありがたいです。
ツイッターもやっています。フォローやリツイートもしてくださったら嬉しいです。
心ある人達の連携で、なんとか危険な原発を止めましょう。どうぞよろしくお願いします。

カウンター
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
原発関係リンク
お世話になっているサイト
最新トラックバック
ツイッター
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。